ひじの黒ずみケア

ひじの黒ずみのケア方法

ひじ,黒ずみ,ケア,クリーム,角質

半袖の季節になると気になるのがひじの黒ずみです。
黒ずみはひじをついたり、頬杖をつくなど日々の行動のによってひじに摩擦、圧力、刺激が加わり角質層が固くなったり、メラニンが過剰に生成されることによって起こります。

 

さらに皮脂腺が少なく乾燥しやすい部分のためダメージを受けやすくなっています。

 

これらの行動をやめると皮膚の生まれ変わりによって黒さは薄くなっていきますが、早くきれいにしたい場合は専用のクリームを使ってケアするお手入れが大切です。

 

ひじの黒ずみ対策は乾燥対策が第一歩

油分も水分も足りず乾燥しているので、まずは肌に潤いを与えることが大切です。
潤いのある肌は透明感がでて明るく見えるようになるほか刺激に強くなり、皮膚の生まれ変わりを促すことで古い角質が落ちやすくなります。

 

こすらずに浸透させることが大切

クリームを塗るときは刺激にならないようこすらずに丁寧に塗ることが大切です。

黒ずみや角質を落とそうと無理にこすったりすると刺激になりかえって色素沈着を起こすこともあります。

 

ひじ,黒ずみ,ケア,クリーム,角質

 

入浴後の角質が柔らかくなった状態で、少し広めの範囲に円をかくようにマッサージしながら塗ると浸透がよくなります。
クリームを塗ると保湿だけではなく衣類などの摩擦からも肌を守ってくれる肌が本来持っているバリア機能をサポートしてくれます。

 

美白成分でメラニン対策もポイントです。


 

ひじの黒ずみケアにおすすめのケアクリーム

 

 

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ


ひじの黒ずみ解消メニュー&レビュー

page top